河北春秋(4/10):「うそには3種類ある。ただのうそ、忌まわ…

©株式会社河北新報社

 「うそには3種類ある。ただのうそ、忌まわしいうそ、そして、統計」。英国の政治家ディズレーリがそう言ったという。米国の作家マーク・トウェインが紹介して有名になった言葉だ▼ところが、ディズレーリの著作のどこを探してもこの言葉はなく、どうやら才気煥発(かんぱつ)なトウェインの創作ではないかともいわれる。うそについて語った名言にまつわる創作という名のうそ。人気作家の満足そうな顔が思い浮かぶようだ▼「本当なのか」と世界中が疑惑の目を向けている。中国が湖北省武漢市で新型コロナウイルスの感染症を抑え込んだという。都市封鎖の犠牲を払って国際貢献したのだそうだ。意味が分からないが、封鎖解除を報じた中国のメディアがそう言い添えていた▼ただのうそ、忌まわしいうそ、そして、統計。それらが渦巻いているかのようなあの国の景色だ。大陸的なおおざっぱさに対して、欧州、米国、香港などで反発が広がるのは当然だろう。感染源を特定し、拡大の原因を究明し、初動の遅れを謝罪するのが先だろうに▼川柳作家の岸本水府(すいふ)に<口紅をすぼめて嘘(うそ)をいつたあと>という大正時代の作品がある。どんな女性だろう、たわいないうそをついた後に、少し口をすぼめたらしい。こんなうそなら、笑って許せるのだけれど。(2020.4.10)