斗魚が再びライブコマースを開設 5月に正式スタートへ

©有株式会社

オンラインライブプラットフォームの斗魚(DOUYU)が再びライブコマースを開設、現在参加のトップライバーチャンネル内で内部テストを2回行ない、5月に正式開設となる見通しだ。

2016年、斗魚は淘宝(TAOBAO)と提携しECを展開、ライバーのライブチャンネル内に淘宝の商品をリンクさせていたが、効果は芳しくなかった。ライブコマースの産業チェーンが成熟したことに伴い、同社はライバーを募集し独立したECで開設する狙いだ。今後はブランド側とライブコマースを通して関連商品の販売を行う。新たなECでは電子製品、アパレル、消費品などの全分野をカバーし、アクセス量と商品販売量に基づきマージンを徴収する仕組みだ。

解説:

2019年、淘宝のライブコマースでの商品取引額は前年比150%増となった。快手(KUAISHOU)、抖音(DOUYIN、海外版はTIKTOK)なども次々とライブコマースに参入している。斗魚のライブ収益は全売上高の91.7%を占め、売上構造が単一なことでプラットフォームの業務拡張が迫られている。これまで、斗魚と淘宝の提携ではコンテンツの結び付きが弱く、投入・売上高ともに少なかった。ライブコマースが標準化し、再現性のある運用モデルとなってきたことで、同社は再びライブコマースを開設し、ユーザー規模とビジネス化能力の向上につながる狙いだ。