小松左京はなぜ『復活の日』を書いたのか

©株式会社ジェイ・キャスト

新型コロナウイルスの急激な拡大に、「まるでSFが現実になったかのようだ」と思った人が少なくないようだ。謎の感染症の爆発的流行で世界が大混乱に陥る、というのは、SF小説や近未来を想定した映画で、しばしば取り上げられてきたテーマだからだ。その中でも多くの人が想起するのが小松左京の名作『復活の日』(角川文庫)だ。

映画のタイトルはずばり「Virus(ウイルス)」

吹雪のアルプス山中で遭難機が発見された。傍にはジェラルミン製の壊れたトランク。中には、感染症を引き起こす、恐ろしいMM菌が入っていた。春になり雪が解け始めると、ヨーロッパ各地で奇妙な死亡事案が報告され始める。やがて全世界に被害が広がり、人類が滅亡の危機に陥る・・・。

本書を基に1980年、映画「復活の日」が公開されている。見た人も多いだろう。角川春樹事務所とTBSが共同製作し、東宝が配給したSF大作。アメリカ大陸縦断ロケや南極ロケを敢行した。総製作費は25億円。ロバート・ボーンやオリビア・ハッセーなど有名な外国人俳優も多数出演していた。海外でのタイトルはずばり「Virus(ウイルス)」だった。


写真は、映画「復活の日」監督:深作欣二さん

写真は、映画「復活の日」監督:深作欣二さん


映画によれば、当初は新種のインフルエンザが疑われ、「イタリア風邪」などと呼ばれた。しかし実際には某国研究所で開発された新型ウイルス兵器「MM88」がスパイによって奪われ、それが拡散した結果だった。世界はほぼ全滅、南極に取り残された観測隊員などわずかな人数だけが生き残り、人類復活に向けて悪戦苦闘するというストーリーだ。

日本でもマスクをした患者が病院に殺到、「肺炎」と診断される。病院は大混乱で医療崩壊。死屍累々のゴーストタウンと化した東京の様子を、遠隔操作で動くドローンのような装置が映し出すというオマケまでついている。核戦争の話も登場する。

監督は深作欣二、撮影は木村大作。日本側の配役は草刈正雄、千葉真一、緒形拳、多岐川裕美など。今や千葉県知事になって、新型コロナウイルス対策に当たる森田健作さんも出演している。この映画のことを思い出しているかもしれない。

『惑星的な危機』が現実の問題に

小松左京は1931年生まれ。京都大学文学部卒。『日本沈没』(1973年刊)であまりにも有名だ。星新一、筒井康隆と並び、日本のSF御三家と称される。

今回、原作を手にして改めて知ったことがあった。映画よりもかなり前の1964年に発表されているのだ。日本が高度成長を驀進し、東京オリンピックで沸いていたころに、このようなペシミスティックな作品が創作されていたことに驚く。背景などについて、次男の小松実盛さんが解説している。

「途方もない犠牲者をだした第二次世界大戦。この戦禍の時代に思春期をすごした小松左京は、本土決戦で命を落とす覚悟をしていました」

思いがけず終戦を迎え、ようやく平和な時代が来るかと思いきや、1950年には朝鮮戦争が勃発。54年にはビキニの水爆実験で第五福竜丸が死の灰を浴びる。62年にはキューバ危機。米ソ対立が強まり、第三次世界大戦が絵空事ではなくなっていた時期もあった。10代半ばから30代前半にかけての小松左京を波状的に襲った、同時代の激動と不安が本書にもろに反映されているのだ。自身が初版のあとがきで書いている。

「核ミサイルの時代になって、『惑星的な危機』が現実の問題になった時、われわれはもう一度世界と人間とその歴史に関する一切の問題を『地球という一惑星』の規模で考えなおす必要にせまられていると思う。このために、文学もまた、自己の専門領域にとじこもってばかりおらず、なりふりかまわず他の一切の領域について、自分なりの考察をひろげる必要がある」


写真は、『復活の日』(角川文庫)