あの後どうなった? SNSで話題の「100ワニ」が単行本に。後日譚と「0日目」も収録

©株式会社ジェイ・キャスト

「死ぬまであと〇日」。4コマ漫画の最後に添えられた一文が、何げないワニの日常を、かけがえのない日々に変えた。

漫画家のきくちゆうき氏が2019年12月12日にTwitter上で公開を始めた『100日後に死ぬワニ』。最終回が投稿されるころにはフォロワー数200万人を突破し、合計1,700万「いいね!」を集めた。終わる前から早くも「ロス」を訴える声も多かったという。

そんな話題作を1冊にまとめた単行本が、2020年4月8日に小学館から発売された。

画像は、『100日後に死ぬワニ』(小学館)

SNSで発表された100日間に加え、「0日目」や「後日譚」、発表済みエピソードの隙間を埋めるカットなど、新たに28ページを描き下ろしたオールカラーコミックスだ。

画像は、単行本用の描きおろしカット【5日目の後】。『100日後に死ぬワニ』(小学館)(C)STUDIO KIKUCHI
画像は、単行本用の描きおろしカット【17日目の後】。『100日後に死ぬワニ』(小学館)(C)STUDIO KIKUCHI

さらに、いきものがかりによる本作のテーマソング『生きる』を使用し、ナレーションには声優の花江夏樹さんを起用したCMも公開された。

画像は、いきものがかりのテーマソングを使用したCMの一場面。(C)STUDIO KIKUCHI(小学館)

4コマの「行間」にどんなエピソードが隠されているのか、そして、ワニの死後、彼を取り巻くキャラクターたちはどうなったのか、気になっている人も多いだろう。「ワニ君ロス」のファンのみならず、まだ「100ワニ」を知らない人にもぜひ手に取ってほしい。

  • 書名:100日後に死ぬワニ
  • 監修・編集・著者名: きくちゆうき 著
  • 出版社名: 小学館
  • 出版年月日: 2020年4月 8日
  • 定価: 本体1,000円+税
  • 判型・ページ数: A5変形判・本文136ページ
  • ISBN: 9784098501250

(BOOKウォッチ編集部)