【保健ミニコーナー】まだまだ元気な今だからこそ健診を受けよう

©株式会社VOTE FOR

日本人の死因の約半数は、がん、心臓病、脳卒中などの生活習慣病で占められています。この生活習慣病を減少させるためのカギが「健診」と「健康的な生活」です。

▼生活習慣病の3つの特徴と対処法
(1)「生活習慣に起因」…だから
⇒生活習慣の改善で防ぐことができる

(2)「自覚症状がない」…だから
⇒健診で早期発見が大切

(3)「発症予測が可能」…だから
⇒健診データの変化を毎年確認することで、重症化前に対処可能

健診で見つかった異常を放っておけば、いつか発症する日がきます。ですから、毎年健診を受けて、病気に進行する前の段階で対処することが大切です。

▼健診を受けるメリット
(1)病気を予防・早期発見できる
健診を受ければ、生活習慣病のリスクを早期発見できます。早期に対処出来れば、ちょっとした生活習慣の見直しで予防・改善することができます。

(2)お財布にもやさしい
重症化してしまった生活習慣病の治療には、多くの医療費がかかるため家計の負担が大きくなります。生活習慣病を予防していくことは、医療費の家計への負担も国民医療費も抑えることになります。

■健診を受けただけでは意味がありません
健診結果を確認し、これまでの生活習慣を見直しましょう。
保健センターでは、保健師や栄養士が、随時健康相談を行っています。ぜひご利用ください。