松本航、“山川塾”入門! 野手トレから一夜明け「野球を勉強したいです」

©株式会社Creative2

ノックを受けた西武・松本航【写真提供:埼玉西武ライオンズ】

松本航は前日9日に山川らと自主トレした「いつもと違う動き。しんどかったが…」

 西武の松本航投手が10日、9日に参加した山川穂高内野手、森友哉捕手らとの野手組の自主トレを笑顔で振り返った。この日は内海哲也投手とキャッチボールするなど自主練習。異例の野手組トレーニングから一夜明け、「特に目立った筋肉痛はないです。これからもいろんな観点から野球を勉強していきたいです」と笑顔で振り返った。

「おまえ、内野用のグローブないの?」

 松本航はこう山川穂高に声をかけられ、山川、外崎、川越、森の野手組の練習に加わった。ダンベルを持ちながらのベースランニング。遊撃を守った内野ノックでは三遊間からの送球がなかなか定まらなかったが、さすがは投手。次第に強く安定したボールが一塁手の川越のもとに行くようになった。

“山川塾”の参加は急遽決まった。「山川さんに声を掛けていただいたんです。『おいで!』って感じで」と笑顔で振り返った。「いつもと違う動きだったので、しんどかったです。投手の練習とは違うので鍛えられた感はありますよ。ダンベルを持ちながらのランニングなど、全身を使った運動が多かった。自己採点は60点くらいですかね」と白い歯を浮かべた。(Full-Count編集部)