旬の食材で春を味わう 陝西省

©新華社

旬の食材で春を味わう 陝西省

  

 【新華社西安4月10日】中国陝西省南部の山間部では毎年4月に入ると、チャンチン(香椿)の枝から新芽が伸び、濃厚な春の雰囲気を醸し出している。村民らは柔らかく香り豊かなチャンチンを摘み取りながら、指先から春の訪れを確かめている。

 チャンチンには多くの食べ方があるが、最も一般的なのはチャンチンの卵炒めだ。熱湯にくぐらせたチャンチンを細かく切った後、フライパンで卵と一緒にかき混ぜながら炒める。食べてみると、春の味わいにあふれた独特の香りが口いっぱいに広がる。(記者/張晨俊)