鳥取県で初の新型コロナ感染

60代男性、外国人を接待

©一般社団法人共同通信社

記者会見する鳥取県の平井伸治知事=10日夜、鳥取市

 鳥取県は10日、鳥取市の60代無職男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内での感染確認は初めて。

 県などによると、男性は7日夕に37度台の発熱があり、呼吸時の胸の痛みや腰回りのだるさを感じていた。9日夜には体温が38度5分まで上昇。10日朝まで発熱が続いたため、県の「発熱・帰国者・接触者相談センター」に電話で相談。鳥取市内の帰国者・接触者外来を受診し、検査で陽性が判明した。症状は軽く、基礎疾患はない。

 男性は父、母、妻と同居。3月23~31日に少なくとも5回、来日した外国人グループ約20人を地元の飲食店で接待したという。