DeNA今永「どう対応するか」

五輪延期で難しい調整にも意欲

©一般社団法人共同通信社

ビデオ会議アプリを通じて取材に応じるDeNAの今永=11日、横浜スタジアム(同球団提供)

 日本代表で先発の一角を担うDeNAの今永昇太投手が11日、ビデオ会議アプリで取材に応じ、新型コロナウイルスの影響で東京五輪が来夏に延期となり、前例のない難しい調整を強いられることに「侍ジャパンではいろいろなことへの対応、順応が求められる。この1年をどう過ごすかが見られる」と意欲を示した。

 シーズン終了の時期が遅くなれば、例年よりオフが短くなり負担が増すため、現在はブルペンでの投球を控え、遠投や基礎体力の向上に充てているという。「今年一年だけを考えるわけにもいかない。感覚が失われる不安もあるが、開幕日のめどが立ってからつくり上げる自信もある」と話した。