木村拓哉“中国語で発信”しまくりにツッコミ「愛人でもいるのかな?」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

俳優の木村拓哉が4月4日、中国版ツイッター『Weibo(微博)』を更新し、一部メディアが「撮影現場に2000枚のマスクを差し入れた」と報じたことを否定した。木村は《マスクではなく、僕が送ったのはMcDonald’s(マクドナルド)》と中国語でコメント。あらためて報道が間違いだったこと明かした。

「マスク差し入れ報道の直後、ネット上では『何故そんな大量のマスクを持ってるのか?』『マスクの買いだめするなよ!』などと、疑問や批判が噴出していました。さすがの木村もこれにはかなり業を煮やした様子。自らウワサを否定しました。今回の件は〝マスク〟と〝マック〟が勘違いされて、誤った情報が広まってしまったのかもしれません。当該記事はすでに削除されています」(芸能記者)

また、木村が主演を務める連続ドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)の監督・七高剛氏もツイッターで《マスク2000枚じゃなくて、マックの差し入れだったつーの フェイクニュースは、やめてください!》とツイートし、木村を擁護した。

 

「中国人の愛人でもいるの?」

この間違いに、ネット上では、

《マックとマスクを間違えたのか。キムタク災難だったな》
《キムタクはマクドナルドのCMやってるしな。ドラマの現場なら食べ物の方が喜ばれそうだ》

などの声が上がった。

しかし一方で、

《日本のニュースを日本人に対して否定したいのに何で中国語?》
《何で中国語でつぶやくの? 普通に日本版SNSで日本語でつぶやけよ!》
《また中国語かよ。中国人にだけ弁明したいなら一家で中国に行ったら?》
《日本語で堂々と反論すればいいのに》
《意味不明 中国に愛人でもいるのかな?》

など、木村のややこしいやり口に嫌悪する声も投げつけられてしまった。

「最近の木村は、昨年7月に亡くなったジャニー喜多川社長や、今年3月に逝去した志村けんさんも中国語で追悼して批判を招いたばかり。その他にも『嵐』二宮和也の結婚や、長女・Cocomiのデビューも中国語で祝うなど、Weiboを駆使しているのです。ジャニーズはネットやSNSに厳しいことで有名ですが、『嵐』がインスタを始めるなど、だいぶユルくなっています。木村も日本のSNSを始めればいいと思うのですが…」(芸能記者)

中国での人気も高い木村だが、日本語でつぶやきを確認したいファンも多いことだろう。妻・工藤静香と同じように、日本語でも情報を発信してほしいものだ。