名バイプレーヤーの野間口徹が『SUITS』にゲスト出演!「非常に楽しく演じられた」

©株式会社フジテレビジョン

4月13日(月)からフジテレビで放送が始まる月9ドラマ『SUITS/スーツ2』。反町隆史、玉城ティナ、加藤ミリヤ、 友近に続き、第1話に野間口徹のゲスト出演が決定。主演の織田裕二とは今回が初共演となる。

『SUITS/スーツ2』は、全米メガヒットドラマ『SUITS』のシーズン2が原作。負け知らずの敏腕弁護士・甲斐正午(かい・しょうご)役を織田、経歴詐称の天才ニセ弁護士・鈴木大輔(すずき・だいすけ)役を中島裕翔が前作に引き続き演じる。

野間口は『ゲゲゲの女房』、『おひさま』、『梅ちゃん先生』、『あまちゃん』、『とと姉ちゃん』(すべてNHKと総合)とNHK朝の連続テレビ小説に立て続けに出演。

フジテレビ系の連続ドラマでは、『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』、『隣の家族は青く見える』、『コンフィデンスマンJP』などに出演し、その存在感を発揮している。

また、テレビドラマのみならず、舞台、映画はもちろん、ミュージックビデオやバラエティー番組でも活躍する名バイプレーヤーだ。

そんな野間口が演じるのは、大手航空会社「新日空」の重役・竜崎慎吾(りゅうざき・しんご)。「フューチャースカイ」の社長・三津谷聡(反町隆史)が、売却しようとしている新開発の無人航空機制御システムを甲斐に紹介され興味を持つ。だがそこに競合他社も加わって落札の金額をめぐり、虚実入り混じった“空中戦”が繰り広げられることに…。

竜崎は甲斐に対してある作戦を仕掛け、揺さぶるという役どころ。2人の対決の行方は…?

< 野間口徹 コメント>

『SUITS/スーツ2』は、ウィットに富んだ会話、ジョーク、皮肉、テンポが小気味いいドラマというイメージで、この作品に出演できることはとてもうれしかったです。その反面で、すでにでき上がっているであろうチームの雰囲気になじめるのかという不安もありました。

今回演じさせていただいた竜崎という男は、きっと強気にさまざまなことを乗り越えて来た人間なのだろうと感じました。共演させていただいた織田さんをはじめ、皆さまには懐深く迎え入れていただき、非常に楽しく演じられました。

皆さんが待ちに待った『SUITS/スーツ2』。期待に応えるスケールの作品になっていると思いますので、楽しみにしていて下さい!

<第1話あらすじ>

敏腕として知られる「幸村・上杉法律事務所」のパートナー弁護士・甲斐正午(織田裕二)は、誰にも相談せず、ボストンにいたアソシエイトの鈴木大輔(中島裕翔)を突然呼び戻す。

甲斐は、復帰のリハビリだと言って、大輔にある案件を任せる。それは、小説のアイデアを盗用されたと元契約社員の女性から訴えられた大手出版社の案件だった。

同じ日、甲斐は、クライアントのひとつで、ロケットや航空機の技術開発をしている「フューチャースカイ」の社長・三津谷聡から呼び出される。そこで三津谷は、新開発した無人航空機制御システムの売却をしたい、と甲斐に告げる。

全米最大の宇宙ロケット開発会社との業務提携を進めようとしている三津谷は、宇宙事業に一本化する方針を固め、新システムの売却益もそこにつぎ込む予定だという。三津谷は、今後も顧問料を払い続けるかどうかのテストだ、といって最低売却価格を100億円に設定する。

そんな折、思わぬ出来事が起きる。かつて甲斐と幸村チカ(鈴木保奈美)が弱みを握り、事務所から追い出していた事務所の共同代表の上杉一志(吉田鋼太郎)が、復帰への意欲をのぞかせる。それは、「幸村・上杉法律事務所」を揺るがす、新たな闘いの始まりだった。