「池の水」大ファンの中川大志が初参戦!150cmを超える世界最大級の両生類探しに挑む

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京系では4月12日に「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」(午後6:30)の3時間半スペシャルを放送。「全長6m!? 世界三大モンスター捕獲の瞬間3時間半スペシャル」と銘打たれた今回、番組スタッフは“アフリカの真珠”と謳われるウガンダへと向かい、ナイル川を舞台に、怪魚ハンターが全長2mにもなるという巨大魚釣りに挑む。さらに、爬虫類学者で知られる静岡大学の加藤英明教授も、ウガンダで最大6mを超えるアフリカニシキヘビに素手で立ち向かっていく。

そして、日本では、中川大志が国の特別天然記念物で世界最大級の両生類・オオサンショウウオ探しに挑戦。開口一番「田中(直樹)さん、ありがとうございます!」と感謝し、番組ファンである中川は「僕は小さい頃から外が大好きで、キャンプとか釣りとかをしていたので、今日は本当に楽しみ。早く抜きましょう! 池を!」とやる気満々。最大150cmにもなるというオオサンショウウオに「ここで1m級が出てきたら超怖い」と怖気づきながらも、積極的に捜索を続けていく。

番組ではほかにも、あばれる君と元体操のお兄さん・小林よしひさが、東京・清瀬市で外来種を徹底捕獲していくほか、今年2月に水抜きをした奈良・東大寺大仏殿の鏡池のその後の様子を伝える。