巨人・若林、打撃フォーム改良

阿部2軍監督の助言生かす

©一般社団法人共同通信社

 巨人で1軍定着を目指す3年目の若林晃弘内野手が12日、新型コロナウイルス感染防止のために川崎市のジャイアンツ球場で報道陣に非公開で行われた練習で、打撃フォームの改良に取り組んだ。広報を通じて「今までは小さく固まっていたが、トップを後ろに置くことで(球筋の)ラインにも入るし、間も取れる」と手応えを語った。

 視察した阿部慎之助2軍監督から「もっと遊び心をもって打てばいい。その中で新たな発見があるよ」と声を掛けられたという。助言を取り入れて打撃練習に臨み「全体的に遊び心を取り入れて打ったが、打球も強くなったように感じる。今後につなげたい」と充実した表情だった。