セリエA、無観客試合を来年1月まで継続?

©フットボール・トライブ株式会社

写真提供:GettyImages

セリエAは来年1月まで無観客試合を継続する可能性があるようだ。イタリアメディア『Mediaset』が報じている。

新型コロナウイルスの感染拡大により、各国同様に中断となっているイタリアのセリエA。5月31日にリーグ戦が再開され、7月12日までに日程を消化するのではないかと噂されている。ただ、スタジアムでサポーターの姿を見るのはもっと先の未来になりそうだ。

報道によると、イタリア政府は2021年の1月まで無観客で試合を行うことを予定しているようだ。政府内の書類がリークしたという。

感染拡大のピークが過ぎ、パンデミック対応の第2段階に進んだとされるイタリア。かつての光景を取り戻すのには、もう少し時間がかかりそうだ。