神戸牛の脂で高級せっけん

霜降り意匠、「保湿効果は抜群」

©一般社団法人共同通信社

高級せっけん「霜降りの奇跡」を手にする後藤守さん(本人提供)

 兵庫県加古川市の精肉加工会社「福良」が、世界的に知られる肉牛ブランド「神戸牛」の牛脂を使い、霜降り肉のようなデザインにした高級せっけんを販売している。1個120グラム、3500円。神戸牛の脂は融点が低く、人肌で溶けてなじむため使い心地はしっとり。担当者は「保湿効果は抜群。神戸牛を無駄なく使い、環境にも優しい」と話している。

 商品名は「霜降りの奇跡」。肉を扱う従業員の手がきれいなことに気付いた社員が商品化を思い付いた。普段は廃棄されることもある腎臓周辺の「ケンネ脂」を使用。サシの入った肉のような見た目にするため、赤身となる部分は米ぬかで着色した。