フィギュア、木下アカデミー設立

国際大会で活躍する選手育成

©一般社団法人共同通信社

 木下グループが国際大会で活躍するフィギュアスケート選手の育成を目指して「木下アカデミー」を4月1日に設立、14日までに公式サイトで概要を明らかにした。関西の通年型リンクを拠点に活動する。所属選手は未発表。

 ゼネラルマネジャーに、女子の紀平梨花らを指導する浜田美栄氏が就任。ゲストコーチには、男子の宇野昌磨が師事するステファン・ランビエル氏、羽生結弦のジャンプを指導するジスラン・ブリアン氏らが名を連ねた。

 木下グループは「世界での経験を生かした指導で、フィギュアスケートに必要な技術力と表現力を兼ね備えた選手を育成する」としている。