熊本副知事が誤情報拡散

コロナ関連、真偽確認せず

©一般社団法人共同通信社

熊本県の田嶋徹副知事

 熊本県の田嶋徹副知事は14日、友人からLINEで受け取った新型コロナウイルスに関する情報を、真偽を確認せずに拡散したとして「結果として不正確な情報が県民の皆さまに届けられ、申し訳ない」と謝罪した。

 田嶋副知事によると、受け取った情報は、東京の日赤医療センターの医師を名乗る人物が「病院のコロナ病床は満床になり、医療崩壊のシナリオも想定され始めている」などと訴え、拡散を呼び掛ける内容。副知事はその情報を県幹部や友人ら約10人にLINEで送り、受信した人たちがさらに情報を拡散したという。