【新型コロナ】ごみ持ち込み休止へ 横須賀の処理施設、感染リスク考慮

©株式会社神奈川新聞社

 神奈川県横須賀市は16日から5月6日まで、ごみ処理施設「エコミル」(同市長坂5丁目)とリサイクルプラザ「アイクル」(同市浦郷町5丁目)へのごみ持ち込みを休止する。

 エコミルは可燃・不燃ごみや粗大ごみを、アイクルは缶・瓶・ペットボトルや紙類などの資源物を持ち込める。しかし、連休中などは数百台の車両が訪れ、料金支払いなどで施設職員との接触が多いため、新型コロナウイルスの感染リスクを考え、休止を決めた。

 集積所でのごみ収集は通常通り続ける。粗大ごみは電話予約で戸別収集する。問い合わせは、市資源循環総務課電話046(822)8275。