アーティストら8割が減収

コンサル会社アンケート

©一般社団法人共同通信社

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け中止が相次いでいる芸術・文化活動を巡り、フリーランスのアーティストらを対象に実施したコンサルティング会社のアンケートに、8割以上が「収入が低下した」と回答したことが15日分かった。

 調査は「ケイスリー」(東京)が3日から10日にかけインターネットを通じ実施し、3357人が回答。半数以上が音楽関係者で、フリーと個人事業主が6割を超えた。

 「困っていること」として全体の8割以上が「収入の低下」を挙げ、約6割が4月の1週目までに数十万円の損失を被っていた。行政の金銭的支援策については9割以上が「不十分」と答えた。