花壇にお、め、で、と、う 沖縄の婦人会が新入生歓迎で手作りの看板設置

©株式会社沖縄タイムス社

「入学おめでとう」の看板設置や花壇の手入れの中心となった大木婦人会前会長の比嘉多美子さん(手前)=2日、読谷村

 4月に入学する新入生を歓迎しようと、沖縄県読谷村の大木婦人会はこのほど古堅小学校の通学路の花壇に「入学おめでとう」と書かれた手作りの看板を設置した。婦人会は登下校する児童や道行く通行人に楽しんでもらうため、通学路にサルビアやパンジーなど約20種類の花を植えている。

 5年前から入学式や卒業式の時期に「おめでとう」と書かれた看板を設置しており、昨年4月からは通学路の花壇の手入れにもさらに力を入れたという。取り組みの中心となった前婦人会長の比嘉多美子さん(61)は「多くの人が花や看板を見て少しでも心がほっこりしてくれたら」と笑顔で話した。