6月の国境マラソン中止 対馬・新型コロナ受け

©株式会社長崎新聞社

 長崎県対馬市上対馬町で日韓のランナーが健脚を競う「第24回国境マラソンIN対馬」の実行委員会は13日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、6月28日に予定していた大会の中止を決めた。
 ハーフと10キロの2種目で16日から出場者を募集する予定だった。昨年は国内各地から646人、韓国から過去最多の532人の計1178人がエントリーした。
 実行委の今村純一委員長(45)は「日韓航路の再開見通しが立たないことと併せ、参加者の感染リスクが高まることなどを総合的に考慮した。来年はウイルスに打ち勝ち、完全な形で開催できるよう準備を進めたい」と話している。