阪神、ポンチョ4500着寄付

防護服不足の大阪市に

©一般社団法人共同通信社

 プロ野球阪神の谷本修球団本部長は17日、大阪市に4500着のポンチョを寄付したことを明らかにした。兵庫県西宮市の甲子園球場での試合で、雨天時にバックネット裏前方の年間席利用者に配布するために用意しているもの。

 大阪市の松井一郎市長が14日に、新型コロナウイルス感染症の治療現場で不足している防護服の代替品として活用するため、未使用の雨がっぱの提供を呼び掛けていた。谷本本部長は「使える範囲は限られているとは思うが、何らかの足しにしていただければということでお送りした」と語った。