米、農家支援に2兆円

外出規制で飲食店の需要減

©一般社団法人共同通信社

パーデュー米農務長官(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は17日の記者会見で、新型コロナウイルスの悪影響を和らげるため190億ドル(約2兆円)の農家支援策を講じると発表した。外出規制で飲食店の営業停止が広がり、需要減少に苦しむ農家の経営を下支えする。11月に迫る大統領選の再選に不可欠な農業州の支持を集める思惑もありそうだ。

 支援策では、農家の損失に応じた補助金支給などに160億ドルを充てるほか、30億ドル分の生鮮食品や乳製品などを買い上げる。

 会見に同席したパーデュー農務長官は「米農業は大きな打撃を受けている。農家を支援するため直ちに行動する」と強調した。