「北朝鮮が中国へ石炭密輸出」

安保理パネル報告書公表

©一般社団法人共同通信社

東シナ海での「瀬取り」が疑われる北朝鮮船籍のタンカー(左)と船籍不明の小型船舶=2019年1月18日(防衛省提供)

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は17日、北朝鮮制裁委員会の下で制裁違反を調べる専門家パネルが2月にまとめた年次報告書を公表した。北朝鮮が昨年1~8月、主に船から船に海上で移し替える「瀬取り」の手口で、主産品の石炭計約370万トン(推定3億7千万ドル=約400億円相当)を中国などに密輸出したと指摘した。

 瀬取りは中国の浙江省寧波市や江蘇省連雲港市の沖合などで多く実施。昨年10月10日付の寧波市沖の写真には北朝鮮籍とされる船8隻が写っている。ロイター通信は、中国が意図的に制裁履行を怠っているとの安保理外交筋の見方を伝えた。