<新型肺炎>マスク、外す時は耳から 製造・販売メーカーや専門家に聞く、使ったマスクの扱い方

©株式会社埼玉新聞社

マスクを外す時は耳のひもから取る

 新型コロナウイルスの感染拡大によりマスクをする人をどこでも見るようになった。そんなマスクをしてる人の中で、使っていたマスクをそのままポケットに入れる人を見掛ける。マスクにはブロックしたウイルスや飛沫(ひまつ)などが付いているかもしれないのに、そのようなことをして大丈夫なのか。マスクの扱い方も含めてメーカーと専門家に聞いてみた。

 まず聞いたのは超快適マスクなどを製造・販売しているユニ・チャーム。広報によると、「マスクの顔を覆う側(外側)はウイルスや花粉が付いて汚れている可能性があるので触るのは良くない」。その上で、使ったマスクをポケットやかばんに入れるのも「もちろん良くない」という答えだった。

 また、マスクの外側をつまんで下に下ろした時になる、いわゆる“顎マスク”についても、外側を触り、顎に付いている菌や汚れなどがマスクの内側に入るかもしれないので「好ましくない」という。

 次に、東京医療保健大学大学院感染制御学の菅原えりさ教授に聞いた。

 菅原教授は「マスクの外側は、ウイルスや飛沫がついて汚れていると考えます。それをポケットやかばんに入れれば、そこが汚れると考えられます」と話した。

 では、マスクを外したり、外したマスクはどうすればいいのか。

 これについてはメーカーも教授も同じだった。マスクを外す時は、大変でも耳に掛かっているひもを耳から外してマスクを取る。そして、内側(顔側)を折り畳んで、ビニールの袋などに入れる、とのことだった。

 最後に、菅原教授から力強いメッセージがあった。

 「マスクの使い方も大切ですが、最終的には手をしっかり洗ってウイルスを落として断ち切りましょう」