無観客試合なのに1万人を集客できる!北欧発、「驚きの観戦術」がこれ

©株式会社コリー

世界中に感染が拡がる新型コロナウイルス。これまでに7000人以上が感染し、300人以上が亡くなっているデンマークでもリーグ戦が中断されている。もし再開されたとしても8月は無観客での開催になるそう。

そうした中、デンマーク1部リーグで首位を走るFCミッテュランがこんな驚きの観戦方法を提示した。

スタジアムに車で乗り付けるドライブイン方式で多くのサポーターたちが観戦するというものだ。

「無人のスタンドは我々を分断すべきでない」として、ホームスタジアムであるMCHアリーナ(キャパは1.1万人)に最大1万人を招待する計画だそう。駐車スペースに2000台が停車し、ファンたちはスタジアムに設置された2つの巨大スクリーンで試合を観戦する。

ギネス世界記録も狙っているというミッテュランの幹部は「残念にも無観客開催となる時期においても、可能な限り最高の体験を生み出すために懸命に取り組んでいる。最高のスタジアム体験を生み出すという明確な目標がある。全ての人に安全な枠組みやセキュリティを提供するために、警察当局、ヘルニング市当局、MCHと緊密な対話をしている」などとコメント。

これまでも優秀な若手を輩出してきたミッティランは2017-18シーズン以来の優勝を目指している。ちなみに、リヴァプールも指導するスローイン専門コーチによって、ロングスローを極めたチームでもある。

また、あのラファエル・ファンデルファールトが所属したこともあり、彼はこんな超ゴールをミッテュランで決めている。

動画を見たい場合はここをタップ!

ひとりで奪ったスーパーゴール!

ただ、ファンデルファールトは彼女がいるからという理由でミッティランを去って2部チームに移籍している。