米NY州、週内に抗体検査を開始

知事「感染の峠越えた」

©一般社団法人共同通信社

米ニューヨーク州のクオモ知事(ロイター=共同)

 【ニューヨーク、ワシントン共同】米国最大の新型コロナウイルス感染被害が出ている東部ニューヨーク州のクオモ知事は19日の記者会見で、感染すると免疫反応により体内でつくられる抗体の検査を「食品医薬品局(FDA)が承認した」と述べ、週内に開始することを明らかにした。住民に占める感染者の比率を把握するため、1日当たり2千人を無作為抽出して検査する。

 クオモ氏は、感染拡大は鈍化しており「この傾向が続くなら、峠を越えた」と明言。だが「経済活動再開はデータに基づかなければならない」と述べ、経済活動再開に積極的なトランプ政権をけん制した。