広島の西川、遊び心で巧打に磨き

「新しい発見がある」

©一般社団法人共同通信社

打撃練習する広島・西川=マツダ

 広島の西川龍馬内野手は20日、マツダスタジアムで精力的に体を動かした。打撃練習では「遊び心」を大事にし、手首やバットの角度を変え、タイミングの取り方も試行錯誤。「そういうところから新しい発見がある」と引き出しを増やし、巧打に磨きをかける。

 同学年の鈴木誠也外野手と中軸形成の期待を背負う左打ちの25歳。練習時間が限られる中「無駄にしたくない。自分のやりたいことを見つけてやっている」と成長に貪欲だ。マシン打撃では右打席でも快音を響かせ「気分転換。逆の動きを入れた方が体のバランス的にもいい」と笑顔を見せた。