【ブンデスリーガ】1月にユーベを退団したジャン、冷遇されたサッリ監督に不満露わ「チャンスを与えてくれなかった」

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

ボルシア・ドルトムントのドイツ代表MFエムレ・ジャンは、ユベントス時代に冷遇されたマウリツィオ・サッリ監督に不満を露わにした。

【ブンデスリーガ】ジャン、4年契約で完全移籍が決定!ドルトムントが買い取りOPを行使

26歳ジャンは2018年6月にリバプールからフリーでユーベに加入すると、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の下で主力として活躍。しかしサッリ監督が今シーズンから就任して出場機会が激減し、今年1月にドルトムントに完全移籍を果たした。コロナウイルスによりヨーロッパ全土でロックダウンとなる中、ドイツ紙『Bild』の取材に応じたジャンは不遇な扱いを受けた今シーズン前半を回顧している。

【クイズ】トップは驚愕の290億円!CLベスト16各クラブの史上最高額は誰だ!

「数ヶ月は僕にとってとても困難な時期だった。昨シーズンはチームの重要な一員だった。チャンピオンズリーグでもいい試合をしたし優勝に値したと思っているよ。新しい監督は僕にチャンスを与えてくれなかったけど、トリノで過ごした素晴らしい日々に感謝している」。

ジャンが冷遇されたサッリ監督を批判