西武の辻監督、選手を信頼

自宅待機で近況

©一般社団法人共同通信社

西武の辻発彦監督

 西武の辻発彦監督が20日、球団を通じて近況を語った。自主練習で球団施設を利用できるのは選手だけで、自宅待機している。報道で選手の練習内容をチェックしているそうで「今は実戦を積むことができない。だからこそちゃんと動けるようにしてほしい」と選手に求め、「ちゃんとやっていると思う。信頼しているから」と語った。

 新型コロナウイルス感染を防ぐため、買い物などに行くこともほぼないという。外出するのは日課のランニングぐらいで「今は絶対に感染しないこと。しっかり身を守らなくてはいけない。一日も早く開幕を迎えられるようにやっていかないと」と話した。