ナダルがロケで泥酔…「とんでもなく面白くない」松本人志の発言にスタジオ爆笑

©吉本興業株式会社

4月15日(水)、ダウンタウン(浜田雅功、松本人志)がMCを務める『水曜日のダウンタウン』(TBS)が放送されました。

出典: 水曜日のダウンタウン

芸能人・有名人たちが自分だけが信じる“説”を独自の目線でプレゼンし、VTRやトークで検証する同番組。

プレゼンターにサバンナ・高橋茂雄を迎えた今回の説は、『最終的に泥酔するのが決まりになってるロケでも、撮り順逆撮りなんとか成立させられる説』というドッキリ企画。居酒屋めぐりをする番組のロケという設定で、まずはエンディング部分を撮影し、その後、2軒目、1軒目、オープニング……と逆に撮影した場合、果たしてロケが成立するのかを検証します。

ナダル、飲み過ぎたあまり…?

今回、ターゲットとなったのはコロコロチキチキペッパーズ・ナダル。VTR前、浜田からは「(泥酔した演技をシラフでされるのは)サブイなぁ~!」との発言が飛び出しました。

打ち合わせ中、エンディングで“泥酔している演技”をしなければならないと聞いたナダルは「酔ったら顔の色が全然ちゃうんですよ。真っ赤っかになって“茹でダコ”とかよく言われるんで」と懸念します。

ナダルは、頬を赤く塗った酔っ払いメイクをしてエンディング部分を撮影。スタジオでは、奮闘するナダルの姿に「これはサブイ」と笑いが起こります。

続いて「店の都合で」との理由で、2軒目という設定の居酒屋へ。本来は1軒目ではあるものの、なんとここで飲み過ぎ、寝てしまうナダル。スタッフに起こされると、寝ぼけまなこで、なぜか広告宣伝バスの求人の歌を口ずさむ姿に、スタジオは爆笑に包まれます。

ナダルの喩えに松本が喝!?

さらに、1軒目という設定の居酒屋とオープニングの撮影では、シラフのように装わなければならないものの、ろれつが回らず散々な状態に。目が据わり、ポケットに手を入れてフラフラ歩くナダルに、スタジオからは「銀幕スター」などとツッコミの声が相次ぎました。

VTR終了後、松本はナダルの「茹でダコ」喩えに言及。「とんでもなく面白くない……」と話し、一同の笑いを誘うと、高橋から「釈放したってください」とフォローが入っていました。

今回の放送を受け、SNSでも、ナダルのロケについて「ナダルは毎週しっかりと爪痕残すよな〜ww」「(歌が)頭から離れない」とのコメントが見られ、盛り上がりを見せていました。