【3分工場クイズ】段ボールはただの茶色い箱じゃない!

ドラマチックなものづくりの世界を3分で楽しむ「工場クイズ」。答えがわかるかな?

©テレビ愛知 株式会社

天を突くように並ぶロール紙の山。

①  これは段ボールの原料となる「原紙」です。

②  全長110ⅿある「コルゲータマシン」へと運ばれます。

③  超高速で紙を貼り合わせていきます。

 【ここで問題】段ボールは何枚の紙を貼り合わせているのでしょうか?

【答え】3枚です。 (下の写真に注目!)

【ちょっと解説】

横から見ると、平らな上下の紙が“なみなみの形”をサンドイッチしているのがわかります。この三角形の連なりを「トラス構造」といい、段ボールに強度を生むのです。丈夫だから収納や運搬に便利なんです。

段ボールを折り畳んだり、手を入れたりできるのは、切れ込みや手持ち用の穴が開いているから。

その加工に欠かせないのが「木型」と呼ばれる特殊な道具です。トーテムポールみたいですね。

                        【工場fan編集局】