辺野古の工事変更 防衛省が沖縄県に承認申請 知事は不承認の構え

©株式会社沖縄タイムス社

埋め立て作業が進む辺野古沿岸(資料写真)

 名護市辺野古の新基地建設を巡り、沖縄防衛局は21日、米軍キャンプ・シュワブ北側の大浦湾の軟弱地盤改良に伴い、県へ変更承認申請を提出した。

 新基地建設反対の立場を取る玉城デニー知事は申請を不承認とする構え。政府が法的措置に出る可能性もあり、辺野古を巡る争いが長期化することも予想される。