金正恩氏、手術受け重体との情報

米CNN報道、韓国は異変を否定

©一般社団法人共同通信社

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信=共同)

 【北京、ワシントン共同】米CNNテレビは20日、米情報当局者の話として、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が手術を受け、重体に陥っているとの情報があり、当局が注視していると報じた。情報の真偽は不明。一方韓国のSBSテレビは21日、韓国大統領府関係者が「金委員長の身辺に特異動向はない」と述べ、健康異変説を否定したと報じた。

 CNNは、手術は新型コロナウイルスに絡むものではないとしている。金正恩氏は故金日成主席生誕108年を迎えた15日の「太陽節」に姿を現さず、健康不安説が出ていた。

 日米韓は情報収集を急いでいる。