IT大手にニュース使用料

オーストラリア、義務化へ

©一般社団法人共同通信社

 【シドニー共同】オーストラリア政府は21日までに、米IT大手のグーグルやフェイスブックなどに対し、報道機関のニュースをネット上で表示した際に使用料の支払いを義務付ける方針を発表した。従わない場合は罰金を科す。オーストラリア競争消費者委員会(日本の公正取引委員会に相当)に対し、罰金の額や支払い方法などの草案を7月末までにまとめるよう指示した。

 欧州連合では昨年4月、IT大手が各国メディアのニュースの詳細を掲載するなどした際、「適切な使用料」を著作権者に払うことなどを盛り込んだ改正著作権法が成立。フランスが著作権法を改正したがグーグルは支払いを拒否している。