五輪、IOC負担なしあり得ない

森会長、協議継続を強調

©一般社団法人共同通信社

取材に応じる東京五輪・パラリンピック大会組織委の森喜朗会長=21日、東京都中央区

 東京五輪・パラリンピックの延期による追加費用を日本が負担することに安倍晋三首相が同意したと、国際オリンピック委員会(IOC)が公式サイトに掲載したことに対し、大会組織委員会の森喜朗会長は21日、共同通信の取材に応じ、IOCの負担が「全くゼロということはあり得ない」との認識を示した。組織委は事実関係を否定するとともにIOCに当該部分の削除を求め、IOCは同日、要請に応じた。

 森会長は16日に実施したIOCのコーツ調整委員長との合同会議で「コストを含む延期による影響は、双方共通の課題だと確認した」とし、負担のあり方についても協議を続ける考えを強調した。