古舘伊知郎が語る“プロレス中継”の面白さ「実況が先行する、得も言われぬ快感ったらないんです」

©ジグノシステムジャパン株式会社

禁酒法の時代に、こっそり営業していたBAR「SPEAKEASY」。2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。月曜から木曜の深夜1時にオープンする“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。

4月9日(木)のお客様は、フリーアナウンサーの古舘伊知郎さん、映画監督の周防正行さんです。今回はリモートでの対談となりました。

(左から)古舘伊知郎さん、周防正行さん

◆現場にモニターがあるから客観的に見れる(周防)
周防:ラジオに出ると「ヘッドホンしますか?」みたいなことを言われるじゃないですか。僕、あれダメなんですよ。自分の声がヘッドホンで返ってくると、それが気になって喋れなくなるんです。

古舘:まったく逆だ。僕なんかは、生中継とかスポーツ中継をずっと昔にやっていたときは、自分の返しがイヤホンから入ってこないと喋れないんです。

周防:え? 自分の返しが返って来たら、もうその聞こえてくる声を追っちゃって、喋るのを忘れちゃいそうになる。

古舘:あーそう。さっきの脚本と逆ですよ。自分の声が客観的に(聞こえてくる)。

周防:あーはいはい、なるほど、なるほど!

古舘:人に伝わっている声が入ってくると、自分の喋りが客観的に出来るようになるんですよ。

周防:なるほどね。

古舘:「さー、先頭アイルトン・セナ。第1コーナーをまわってセナがスーッと後ろから入ってきた」っていうのは、「あ、俺、客観で喋っていいんだもんね」になれるんだけど、自分の返しがないと主観だから「俺、喋っていいのかな」って思っちゃうんですよ。

周防:あーすごい、それ撮影中の自分にも似てる。

古舘:あ、そう?

周防:要するに実際に自分がその現場にいて、そのお芝居のなかにいるんだけど、外側から見なきゃいけないっていう意識をいつも働かせているんですよね。だから頭のなかで、現場の臨場感のなかにいるんだけど、スクリーンを観ている客のような意識を持とうと思ってやっているんですよ。

今、現場にモニターがあるからすごく客観的にみんなが見れていると思うんです。昔、あのモニターがなかったときって、現場に自分がいるんだけど、スクリーンに映っているものを自分は観ているんだって意識を強くするんですよ。そうじゃないと負けちゃうんですよ、現場の勢いに。

古舘:負けちゃう?

周防:負けちゃう。要するに現場の熱というか空気に負けて「オッケー」とか勢いで言っちゃいそうになる。特に「シコふんじゃった。」なんて相撲の取り組みじゃないですか。役者が本気になってやってるから、何か決まるとみんなが「おーっ」ていう感じになるわけですよね。だけど本当にそれでいいのかどうかっていう不安がある。だって観客はスクリーンで観ているわけで、現場にいないわけだから。ライブじゃないから。

古舘:そうか。

◆自分の声がカーナビになってくれる(古舘)
周防:僕はライブの現場にいるけど、出来上がったものは客観性のあるものだから、それで成立してるのかっていうことを考えなきゃいけない。だから、現場にいても「現場に入っちゃいけない」って意識がいつも働くんですよ。

古舘:飲まれちゃいけないんだ。

周防:そう。で、今、古舘さんの話を聞いていたら、そういうことだなと思って。自分の声が返ってくることで、テレビだったら視聴者にどう聞こえるのかっていうのを、喋りながら判断しているんじゃないかなと思って。それ、すごいよね。

古舘:そうなんですよ。だから中継の場合は言葉を詰めて、パッパッパッパッパッ喋るから、余計にちょうど自分のイヤホン越しに入ってくる声が道しるべになるんですよ。

周防:いやー、すっげー。すごいな。

古舘:カーナビになってくれるんですよ。時系列が逆になるんですよ。だからそれが喋りの面白さで、本当は逆じゃないですか。例えばよくね、テレビでもネタにしたことがあるんですけど、(アントニオ)猪木さんでも長州力さんでもね、そういう人達とプロレス中継を一緒にやっているときに、狭い後楽園ホールとかでやったりすると、放送席とリングがものすごく距離が近いわけですよ。

周防:はいはい。

古舘:そうすると、僕のでっかい声で張り上げてる喋りがそのまま戦っているレスラーに聞こえちゃうわけですよ。「さー、アントニオ猪木、この体勢から首を固めて、フロントから固めて、さーこの体勢から、おーっとブレーンバスターいくか? ブレーンバスターいくかー?」って言うと、猪木さんに聞こえちゃって、しょうがなくブレーンバスターを後追いでやってくれるっていう。

本来、実況っていうのは全部後追いなのに、実況が先行するっていうこの得も言われぬ快感ったらないんですよ。だからなんかね、ときの流れに逆行する瞬間みたいなのが楽しいんですよ。

▶▶この日の放送内容を「JFN PARK」でチェック!

今週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

4月21日(火):大橋裕介さん×今泉力哉さん
4月22日(水):木村祐一さん×田口トモロヲさん
4月23日(木):古市憲寿さん×小倉智昭さん

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!


スマホアプリ「JFN PARK」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→/http://www.jfn.co.jp/parkまた、無料スマホアプリ「WIZ RADIO」では、OA局をチョイスすることで、全国のFM局の番組が聴取可能です。
★ダウンロードはこちら→https://www.wizradio.jp/