NY株続落、631ドル安

原油安の懸念継続

©一般社団法人共同通信社

ニューヨーク証券取引所=2014年2月

 【ニューヨーク共同】21日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比631.56ドル安の2万3018.88ドルで取引を終えた。新型コロナウイルスの感染拡大による原油安が引き続き懸念され、売りが優勢となった。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は297.50ポイント安の8263.23。

 外出制限やレストランの一時閉鎖で飲料大手コカ・コーラの販売が大幅な打撃を受けていることが伝わり、企業業績悪化への警戒感も強まった。ダウ平均は一時、2万3000ドルを割り込んだ。

 銘柄別では、医薬品のメルクや航空機のボーイングの下げが目立った。