<金口木舌>世界の誤情報を集めて

©株式会社琉球新報社

 あらかじめ誤情報と断っておくが、新型コロナウイルス感染症に関して「深く息を吸い10秒我慢できれば…感染可能性低い」という間違った言説があった。愛知県警が同種の情報を流してその後謝罪する事態に至った

▼新型コロナに関連した偽情報や真偽不明の情報が多く出回っている。政府が緊急経済対策として決めた国民1人当たり一律10万円の給付に関する偽メールが県内でも流れているのが確認され、本紙がファクトチェック(事実検証)をした

▼本紙とも連携するファクトチェック・イニシアティブ(FIJ)は新型コロナの特設サイトを開いた。「新型コロナ対策で首相が給与返納」は新型コロナとは無関係だとか、沖縄の「感染者が出た商業施設リスト」はデマだと検証した記事が一覧できる

▼特設サイトは国外の事例も掲載している。「コロナウイルス発生で欧州にスズメバチが移動」(リトアニア)や「インドでコロナにより子ども7人死亡」(インド)など、海外でもさまざまに広がる誤情報が見られる

▼FIJは2月、米デューク大学の研究所によるファクトチェックサイトのデータベースに登録された。世界規模で連携も広がっている

▼混乱の中では必ずと言っていいほど便乗しようとする人が出てくる。国内外の事例をデータベースとして共有することで、それを活用して同じ誤りを犯さず前に進める。