巨人の坂本、晴天の下で打撃練習

「久しぶりに良かった」

©一般社団法人共同通信社

打撃練習する巨人・坂本=川崎市のジャイアンツ球場(球団提供)

 巨人の坂本勇人内野手が22日、新型コロナウイルス感染防止のために非公開で行われている川崎市のジャイアンツ球場での自主練習で、久しぶりに屋外で打撃練習に取り組んだ。

 普段は室内練習場で調整しているが、自ら発案して晴天の下でバットを振り込んだ。「外で久しぶりにバッティング練習ができて良かった。みんな、今できることを精いっぱいしているし、一日でも早い終息を願っている」と球団広報を通じコメントした。

 感染対策のために練習をサポートしているスタッフの数は通常より少ない。外野の球拾いもマスクを着用して間隔を空けて行っている。