プロ野球とJ、感染予防で協議

新型コロナの対策連絡会議

©一般社団法人共同通信社

オンラインで行われた「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第6回会議で発言するプロ野球の斉藤惇コミッショナー=23日午前

 プロ野球とサッカーのJリーグが新型コロナウイルスの感染拡大に連携して対応するため設置した「新型コロナウイルス対策連絡会議」は23日、オンラインで第6回会議を開き、政府の緊急事態宣言から2週間が経過した現状について、感染症の専門家チームの報告を受け、ビデオ講義で選手、家族、スタッフに感染予防のポイントを伝える啓発活動を行うことなどを協議した。

 緊急事態宣言が解除されない限り試合は開催できないという前提を確認し、公式戦実施のタイミングについての具体的な協議はなかった。プロ野球は5月26日からの交流戦の中止を決めている。J1、J2の再開とJ3開幕の時期は白紙。