韓国政府、「児童・青少年の性犯罪画像を持っているだけで処罰対象に」と発表 『n番部屋』事件受け

©ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン株式会社

韓国政府は4月23日、「デジタル性犯罪根絶対策党政協議」で、児童・青少年を対象にした性犯罪に関わる画像などについて、制作・販売をはじめ、所有・購買行為なども処罰対象にすると発表した。広告なども対象になるという。

また、現在13歳未満が対象となっている「強姦罪」(法定強姦、性的同意年齢未満の子供に対する性行為をした罪)の基準年齢を16歳まで引き上げ、この対象となる青少年も被害者として規定するとしている。

政府与党は、インターネット事業者のデジタル性犯罪流通防止義務を強化し、24時間ワンストップ支援の構築を通じて被害者を保護する一方、「視聴するのも犯罪」と社会の認識を転換することにも力を注ぐとの方針だ。

民主党は、「n番部屋再発防止3法」など、国会に上程中のデジタル性犯罪関連法案を速やかに処理できるよう、政府と協力するとしている。

パク・へリョン民主党デジタル性犯罪根絶対策団長は、「n番部屋事件をきっかけに、デジタル性犯罪全般を包括する、根本的な対策の樹立に万全を期することを政府に呼びかけた」とし、「国際基準に適合する厳格な捜査・処罰・被害者支援と認識改善、需要遮断などの対策を講じなければならない」と強調した。

ハフポスト韓国版を翻訳・編集しました。

【関連記事】
・女性を脅し秘密のチャット部屋に残虐な性映像を流した犯罪「n番部屋事件」韓国揺るがす

・韓国の性搾取「n番部屋事件」で逮捕、「博士」の右腕だった疑いの未成年者の身元を公開