前法相、廿日市市元議長にも現金

「案里をよろしく」と20万円

©一般社団法人共同通信社

河井克行前法相、河井案里参院議員

 自民党の河井案里参院議員(46)=広島選挙区=の陣営による公選法違反事件で、夫の克行前法相(57)=自民、衆院広島3区=が昨年7月の参院選前、広島県廿日市市議会の元議長の市議に「案里をよろしくお願いします」と伝えた後、現金20万円を渡していたことが24日、分かった。元議長が明らかにした。

 元議長によると、自民党が案里氏を参院選で公認した後の昨年4月、克行氏が元議長の自宅を訪れ、帰り際に白い封筒を置いた。20万円が入っており、返却しようと追いかけたが間に合わなかった。数日後、克行氏の事務所に返した。参院選では案里氏ではなく、自民の現職候補を支援した。