大リーグ、新人王をランク付け

イチロー4位、大谷は7位

©一般社団法人共同通信社

2001年のア・リーグの最優秀新人(新人王)を受賞したマリナーズのイチロー=01年11月

 【ロサンゼルス共同】米大リーグ公式サイトは23日、2000年以降のア、ナ両リーグの最優秀新人(新人王)40人をランク付けし、01年のマリナーズのイチローが4位、18年のエンゼルスの大谷が7位、00年のマリナーズの佐々木が38位に選ばれた。

 最優秀選手や首位打者にも輝き、チームの116勝に貢献したイチローについては「1人の選手の加入がどれほど球団を変えられるかを示す永遠の実例」と絶賛した。大谷は「この受賞で大事だったのは誰もできないことをやったことと、その意義だった」と投打の「二刀流」の挑戦を評価した。

 1位は12年のエンゼルスの外野手トラウトだった。