続・北海道企業のトップが集結!2週連続・新型コロナ大激論

けいナビ

©テレビ北海道

今週のけいナビは、先週に引き続き、北海道を代表する企業のトップに参加いただき、新型コロナウイルスにどう対応していくべきか、話し合った。

スタジオ内の換気、出演者・スタッフの体調チェックや手に触れるものの消毒など、感染防止対策を徹底した上で収録

参加していただいたのは、以下5人の方々。

JR北海道の島田修社長
イオン北海道の出戸信成副社長
トーホウリゾートの唐神昌子社長
レバンガ北海道の折茂武彦社長
石屋製菓の石水創社長

トーホウリゾートの唐神社長は、感染拡大を防ぐ対策を講じながら営業を続けた苦悩を語った。
※トーホウリゾートは「緊急事態宣言」対象地域の全国拡大が政府より発表されたことを受け、営業の自粛を決めた。
レバンガ北海道の折茂武彦社長は、債務超過に陥れば所属するBリーグのライセンスはく奪の可能性もあると危機感を語った。

政府は108兆円規模というかつてない経済対策を打ち出した(※内容は収録時点のもの)

その他、政府の経済政策への評価や、収束後の経済回復に向け必要なことは何か話し合った。

(2020年4月25日放送 テレビ北海道「けいナビ~応援!どさんこ経済~」より)

過去の放送はYouTube公式チャンネルでご覧になれます。

TVh「けいナビ」