「出川・IKKO・みやぞんの割り込んでいいですか?」今しかできない前代未聞の“総テレワーク”バラエティーが誕生

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京では「出川・IKKO・みやぞんの割り込んでいいですか?」を4月25日(午前11:30、関東ローカル)、5月10日(午後4:00)を放送。同番組は、コロナ禍により特番の収録が中止となったことを受け、出川哲朗、IKKO、みやぞん(ANZEN漫才)に“全員在宅のバラエティー”をしてもらおうというコンセプトの下、数日で企画を変更して制作されたという異色のバラエティー番組だ。

番組で決まっているのは、出川、IKKO、みやぞんがMCを務めることと、3人がテレビ電話でつながっていることのみ。あとはそこに「割り込んでいいですか?」とゆきぽよ、ギャル曽根、濱口優(よゐこ)、りんごちゃん、田村亮(ロンドンブーツ1号2号)といったゲストが割り込んできて、MC陣に対して「家でこんな遊びや、楽しみ方をすればいいんじゃない?」と提案をしたり、相談やクレーム、懺悔(ざんげ)をしたり、時には特技を披露したりと、全キャスト・スタッフが遠隔放送の中にさまざまなトークが繰り広げられていく。

当初は、5月10日の1回のみの放送を予定していたものの「企画変更の内容聞いて…なんじゃそれ…できるわけねぇじゃん!って思ったけど…ごめんなさい! めっちゃ面白いね! これいいね!」と出川が手応えを確信する内容となったことで、急遽4月25日にも放送されることが決定した。

出川と共にMCを務めたIKKO、みやぞんも「テレビ電話的なことは初めてで最初は不安だったけど、思ったより素が出せて楽しかったわ。回線トラブルもリアルで面白いわよね(笑)」(IKKO)、「これがテレビになるのがすごいなって。やっている最中は、いつ本番なのかが分からなかったけど、この“ずれ”もまたいいなって思いました」(みやぞん)と、前代未聞の番組を堪能した様子。

もともとは中止となった特番で運転手として出演を予定しており、今回ゲストで出演した田村亮も「スタッフさんも初めてですごく慌ててて、バタついたりしたけど、新人の頃に戻った感じでワクワクしながらできました。僕は機械が苦手なので、こういうこと自体に苦手意識があったけど、やってみるとめちゃくちゃ楽しいですね! みんな完全に家にいる感じで、気を抜いていたのがよかったなと。みんながこんなにリラックスしたのも、この形式だったからなんでしょうね」と、出演の感想を語っている。