藤田騎手がJRA通算100勝

デビュー5年目で大台到達

©一般社団法人共同通信社

藤田菜七子騎手

 日本中央競馬会(JRA)の藤田菜七子騎手(22)は25日、福島競馬場で行われた第1レースでシルバージャックに騎乗して1着となり、JRA通算100勝を達成した。藤田はJRA7人目の女性騎手で、初めて大台に到達した。

 同騎手は2016年3月にデビュー。同年から6、14、27勝と毎年着実に勝利数を伸ばした。昨年は12月のカペラステークス(G3)で日本人女性騎手初のJRA重賞制覇を果たすなど、43勝をマークした。

 今年は落馬負傷のため約1カ月騎乗できなかったが、10勝目が節目の勝ち星となった。