オリ福田、在宅時間でもイメトレ

球場の雰囲気や試合を欠かさず

©一般社団法人共同通信社

打撃練習するオリックスの福田=大阪市(球団提供)

 大阪市内の球団施設で自主練習するオリックスの福田周平内野手は25日、打撃や守備練習などに励んだ。新型コロナウイルス感染拡大の影響で長くなった在宅時間を有効に使うため「球場の雰囲気や球場で試合をしているところも含めてイメージトレーニングをしている。時間があれば欠かさず行っている」と球団を通じてコメントした。

 公式戦が開幕しても最初は無観客での開催が確実となり「やっぱり寂しい」と素直な思いを吐露する。それでも「ファンの方たちも開幕を待ち遠しく思っていてくれていると思うので、僕たちもしっかりと予防しながら開幕に向けて頑張っていきたい」と前向きだ。