伊集院光“さまぁ~ず”に忖度!? 嫌いな身内ノリに嫌々参加か

©株式会社日本ジャーナル出版

(C)shurkin_son / Shutterstock 

タレントの伊集院光が4月21日、自身のツイッターを更新。〝#お家で小さな幸せしりとり〟にまつわるツイートを投稿して話題になっている。

伊集院は《発案者の三村さんは、カオス状態大歓迎らしいぞ! ホリプロだったら若手も新人も無名も有名も思い切って飛び込んじゃえ! えだわかれしてもいいじゃない!》《あと、三村さん自身が酔った勢いで何度も来そうだから、一回やった人もまたあげちゃえば!?》とツイートし、愛犬と一緒の動画をアップした。

発案者の三村さんは、カオス状態大歓迎らしいぞ!ホリプロだったら若手も新人も無名も有名も思い切って飛び込んじゃえ!えだわかれしてもいいじゃない!#お家で小さな幸せしりとり

あと、三村さん自身が酔った勢いで何度も来そうだから、一回やった人もまたあげちゃえば!? pic.twitter.com/GbQOxHi1GQ

— 伊集院光 (@HikaruIjuin) April 21, 2020

伊集院のツイートは、『さまぁ~ず』大竹一樹から指名された〝#お家で小さな幸せしりとり〟を受けてのもの。20日に伊集院は《大竹さんからのボールを返さないと。さてさて、家でやるとすると明日昼。ここでやるか考える》とツイート。しりとり動画を公開した後は、誰も指名することなく締めくくった。

このしりとりは『さまぁ~ず』三村マサカズが発信し、ホリプロの所属タレントが参加。「る」で和田アキ子から順番が回ってきた大竹は、強引に《るっこから、10個を食べる砂糖漬けのさくらんぼだけが入った瓶詰め》としりとりし、その後、伊集院に《伊集院光はやってるんでしょうか。ねぇ、伊集院。やんな》とバトンを渡していた。

伊集院は空気を読んでいた!?

「伊集院がどのように反応するのかファンも注目していましたが、うまく受け流しましたね。というのも、伊集院はこの手の〝友達つながり〟が大嫌いなんです。ホリプロの所属タレントともつるむことはありませんし、付き合いがあるのは自分がかわいがっている後輩芸人ばかり。おまけに酒も飲まず、趣味は草野球とゲームですからね。若いときは捨て台詞を吐いていたでしょうが、さすがに50歳を超えた今、さりげなく他人に振ったのは、大人の対応だったと言えるでしょう」(芸能記者)

最近は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、芸能人も軒並み仕事が減少。空いた時間を使って、他人との〝つながり〟を見せる遊びが流行しているのもうなずける。しかし実際は、〝身内ノリ〟に辟易している人がいるのも確か。

ラジオ界のカリスマとして業界をけん引してきた伊集院のこと、周囲の空気を読む能力はさすがと言えるだろう。

【画像】

shurkin_son / Shutterstock