弘前市長が「桜の投稿自粛を」

青森、異例の要請に疑問の声も

©一般社団法人共同通信社

見頃を迎えている弘前公園の桜。人の密集を避けるため5月6日まで公園は封鎖されている=26日午後、青森県弘前市

 桜の名所として知られる青森県弘前市の弘前公園。桜田宏市長が公園の桜の写真や開花情報を会員制交流サイト(SNS)に投稿しないよう求める異例の呼び掛けを行った。花見客が殺到し、新型コロナウイルスの感染が拡大するのを防ぐため。理解を示す市民が多いが、中には「せめて写真ぐらいは見たい」と首をかしげる人もいる。

 市は人の密集を避けるため5月6日まで公園を封鎖しているが、周辺の道路から見られる外堀の桜は見頃を迎え、通行人が撮影している。仕事帰りの同市の40代女性は「こんな状況なのでしょうがない。今年は個人で桜の写真を楽しむ」と苦笑する。